ヨーロッパと日本のスキンケアは真逆!?

日本の高い湿気が美肌を作っています

ヨーロッパに比べ日本は湿度が高いのですが、肌がベタつくので嫌われている湿気。でも、この湿度の高さが、私たちの肌をしっとりさせています。一般に、日本人の肌がヨーロッパ人の肌よりしっとりして見えるのは、湿度のためだと思います。

日本の良質の水が美肌を作る

瑞穂の国(みずみずしい稲穂の国)との別名がありますが、日本は良い水が豊富にある国で、水道水を飲用することのできる国です。各水道局は水道水が「安全でおいしい」と熱心にアピールしています。実は世界で見ると、こういう国は少ないのです。ヨーロッパでは飲み水は皆さんミネラルウォーターです。

水は生活の基本です。良い水で育った作物を食べ、料理をし、身体を洗うことは日本人の美肌と深い関係があります。

日本は軟水、ヨーロッパは硬水

ヨーロッパの水は硬水(カルシウムイオンやマグネシウムイオンが多量に含まれている水)です。イギリスでのことですが、古いケトルの中をのぞいたら、鍾乳洞のように石灰が溜まっていて、驚いたことがあります。日本ではこのように石灰分がたまることはありません。

シャンプーの泡立ちも違います

日本のシャンプーを現地で使うと、泡立ちの悪さに気がつきます。硬水は泡立ちにくいため、ヨーロッパへ輸出しているシャンプーなどは、一部成分を変更しています。

ヨーロッパでミルククレンジングをして拭き取ってメイクオフする人が多いのは、水が良くないこととも関係しているようです。

日本人ほどお風呂に入りません

一般にヨーロッパの人は日本人ほど頻繁にシャワーやお風呂に入る習慣がありません。現地では、空気が乾燥しているので、肌のべた付きを感じることが少ないからだと思います。そして多くの方は、髪の毛は週に一回ほどの洗髪のようです。

乾燥の激しい夏も大変

イタリアの夏は乾燥との闘いです。通りをゆく人は皆、ミネラルウォーターのペットボトルを持っています。リュックやバッグの中ではなく、手に持っています。しかも、大きなボトル。激しく乾燥しているので、すぐに喉が乾いてしまうのです。

ヨーロッパの人は日焼けを好みます

ヨーロッパの人は日焼けを好みます。美白に熱心なアジア人からすると、信じられないかもしれませんが、日焼けしない色白の肌は「健康的に見えない」と一般に考えられているようです。また、バカンスに行って海岸で日焼けをすることが一種のステータスの面もあります。

さらに、日焼けは身体を丈夫にするとも考えられています。海岸に行って焼くことが国家的ムーブメントになったことさえあります。

日焼け=ブロンズ色になること

ヨーロッパの人は日焼けを繰り返して、なるべく長い間美しい「ブロンズ色の肌」を保とうとします(日焼けを長く保つために○○のビタミンが良いなどの日本とは正反対)。

イタリア語で「日焼けをする」という単語は「ブロンズ色になる」と同じ意味です。しかしそのために、年を重ねた多くの方にシミやシワが見られます。以前にもお話しした「光老化」が原因だと思います。

日傘を使いません

UVケアを意識していないため、ヨーロッパでは日傘は一般的ではありません。現地で日傘を差すと「雨でもないのにどうして?」と質問されてしまいます。

デコルテの脱毛も

「美しいものは見せる」ポリシーを持つイタリア人は、デコルテを出すファッションが多く、デコルテ部分の脱毛をよくします。立体的な美しいデコルテの人が多いイタリア人。ただ、UVケアはしないため、デコルテにソバカスやシミがたくさんある方を多く見かけ 日本人として見ると勿体ないと感じてしまいます。

二の腕ってどこ?太さも気にしません!

ヨーロッパでは「二の腕の太さ」を気にしないようです。イタリア語では、「二の腕」という特定の部位を指す言葉がありません(腕という言葉しかありません)。スタイルが良く、二の腕が太い印象の女性も多いです。

現地では、しっかりとした二の腕は力強く健康な印象を受けますので、日本人のように、二の腕を気にしなくてもいいのかもしれません。

まとめ

・日本の湿気が肌に良い
・水が豊富で豊かな日本
・ヨーロッパの水は硬水
・ヨーロッパの人はあまり入浴しない
・乾燥している夏は大変
・ヨーロッパでは日焼けが好まれる
・ブロンズ色の肌が好き
・日傘は一般的ではない
・デコルテの美容に熱心
・二の腕が太くても気にしない