お顔の輪郭別、お手入れアドバイス

顔の筋肉意識していますか?

皮膚に覆われた顔の下には、縦横ななめに沢山の筋肉が存在しております。眼や鼻、口などを動かし【喜怒哀楽】などの表情を表すため働く筋肉を表情筋と呼んでおります。

表情筋は使わないとドンドン衰えてしまい、この筋肉が衰えるとその部位にしわやたるみが表れやすくなります。

そのため、鍛えながらマッサージを行い、表情筋の運動を応援します。表情筋が活性すると顔面の神経を刺激し皮膚にハリが出て血行や新陳代謝が活発になるためお化粧ノリの良い肌になりますし、肌荒れやニキビなどトラブルも起こりにくくなります。

日常で使われる表情筋は全体の30%ほどです。老け顔にならないよう普段あまり使われない表情筋を鍛えて美しいフェイスラインと豊かな表情を手に入れましょう。

では、貴女の顔型別でどこの部分に気をつけたら良いのでしょうか?

顔のかたち別にみる顔筋の注意点

・丸顔型

頬の筋力が落ちやすく脂肪が多い為ため、たるみが目立つ顔型です。表情筋が衰えると二重アゴになる危険性があります。

※アドバイス…頬の顔筋を鍛えて筋肉がたるまないようにしましょう。

・たまご型

理想の顔型と言われるたまご型ですが、老化が目立つ顔型でもあります。頬の弾力を失うと老化が顔全体に表れやすくなります。

※アドバイス…上下のまぶたもたるみやすいため、眼輪筋のマッサージを意識しましょう。

・四角型

アゴの外側がしっかりとした骨格なので他の顔型に比べたるみが比較的に目立ちません。但し口の周りに負担がかかるため口元にシワができやすくなります。

※アドバイス…鼻の下から円状に囲んでいる口輪筋を鍛えるエクササイズを意識しましょう。

・逆三角型

シャープなアゴで、きりっとした印象の顔型です。年齢と共に口元の肉がたるみやすく頬や口角も下がってきます。

※アドバイス…口角下制筋を鍛えるエクササイズを、行い口のまわりを鍛えましょう。

・面長型

たまご型と同様に老化が目立ちやすい顔型です。太ると頬や首回りに肉が付きやすくなり[二重アゴ]になる危険もあります。普段から顔全体を動かすように意識しましょう。

※アドバイス…アゴの周りから首にかけての筋肉を引き締めてながら頬筋や咬筋を鍛えるエクササイズを意識しましょう。

日々のスキンケアに、顔筋マッサージを取り入れながら、無理なく表情筋を鍛えることから始めてみませんか?