肌荒れ(ニキビ・湿疹)について

原因・・外気から肌を守る表皮構造の一番上に角質層があります。

角質層に存在すると言われている アミノ酸や尿素などで構成されており、この天然保湿成分が角質層全体に潤いを与えており、角質層内は分子が何層も重なり合いセラミドや脂肪酸などの脂質分子と水分分子が層状に並んだ構造となり肌を保水する役目があります。

乾燥により水分が不足すると細胞がしぼんでしまい ケラチン繊維が凝縮されます。

そうすると角層の弾力が失われるうえ、水分分子に隙間ができ バリア機能が低下します。外気の刺激が表皮内に影響し、そのために湿疹やニキビが起こります。

対策・・保湿や収れん目的配合の化粧水を、乾燥を感じる時期には、何度も重ねづけをしましょう。(1回の量は同じで繰り返すこと)