アレルギーのある方(かぶれる方)

原因
アレルギーの原因となる物質と接触をして 皮膚から吸収されると、皮膚の細胞(たんぱく質)と融合してリンパ節に届きリンパ球が その物質を異物と認識するようになります。そして、アレルギーの原因となる物質の吸収を何度も繰返し、その結果過去に異物として認識された物質を排除しようと身体が働き 湿疹ができます。

対策
肌に触れるものに充分に気をつけてください。洗剤・化粧品の化学成分をさけ、肌を守るために充分な保湿を行いましょう。
オススメ
合成界面活性剤、安息剤などが配合されているスキンケアは避けましょう。
同時に肌のバリア機能を高めるために、化粧水や美容液、クリームなど保湿性が高いものをお使いください。