健康素肌へ導く…実践したい6つのこと

健康な身体と素肌美は切っても切り離せません

美しい素肌をつくるには、1.皮膚の生理機能を整えること、2.体内の機能を正常化することが必要です。そして素肌美の大前提として、3.心身の健康があります。

WHO(世界保健機関)では健康の定義について次のように表しています。

「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。」

つまり心が安定していること、社会的な環境が整っていること(家庭や仕事が順調かなど)も健康の要素なのです。

あなたの意識が素肌美をつくります

毎日のスキンケアの中で、自分の肌と対話をしましょう。ニキビはないか、乾燥はないか、シミは出ていないか、手で触りながら肌の変化を確認します。もし異変に気づいたら原因を考えてみてください。

この頃、睡眠時間は十分とれていますか?バランスの摂れた食事をしていますか?仕事でストレスが溜まったりしていませんか? もしかしたら新しいメイクアップコスメが合わないのかもしれません。そうして対策を考えていきます。

例えば生活習慣が乱れているなら早寝早起きなど生活のリズムを整えるようにするとか、自分に合わない食べ物でニキビができてしまったのなら乳酸菌(※ニキビの回を参照)をつけ、その食べ物を覚えて食べないようにするとかをしてみます。それでまた肌がどう変化するかをみます。

自分のことを1番よく知っていて、気に掛けてあげられるのは自分です。肌との対話の繰り返しがあなたを素肌美に導きます。

古い角質が溜まっていませんか?(肌代謝の仕組み)

表皮内のサイクルは健康な状態で、28日間と言われています。角質細胞が表皮下部の基底層より角質層へ14日間で押し上げられ、角質層で14日間かけて老化物質となります。これが肌代謝です。

健康な状態では古い角質は自然にはがれ落ちていきますが、25歳をピークに肌代謝は徐々に低下します。古い角質が肌に残っていると、くすみやシワの原因となります。また角質層へ潤いや栄養を届けることが難しくなるため、せっかく肌に栄養を与えても、皮膚表面に乗せているだけの状態になってしまいます。

角質層に潤いと栄養を届けるためには、古い角質を取り除く必要があります。古い角質を傷つけずに優しく取り除くには、ゴマージュ(植物などの種を摺り潰した細かい微粒子で洗うこと※ターンオーバーの回を参照)が最適です。

顔筋マッサージを習慣にしましょう

洗顔と化粧水、美容液をつける時に顔筋に沿ってマッサージをして、顔筋を鍛え血流を促進しましょう。人の皮膚は筋肉で支えられていますが、その筋肉が衰えることにより皮膚の重みを支えることができなくなります。それによりたるみやシワができます。正しいラインでマッサージすることで顔筋を鍛え、皮膚を持ち上げることができます。

顔筋マッサージをするには、手の平全体を使います。

1.手を頬のあたりに当て、上下に大きく動かす
2.額に片手を当てて左右に大きく動かす
3.両手で小鼻を挟んで上下に大きく動かす
4.片手を口のあたりに当てて左右に大きく動かす
5.最後にもう1度、頬のあたりに当てて上下に大きく動かす。

これが顔筋を刺激するマッサージのやり方です。簡単ですから、ぜひ毎日の習慣にしてください。

保湿をしっかりしましょう

保湿には、化粧水の重ねづけがオススメです。詳しくは、「冬の乾燥肌対策」の回をご覧ください。

混合肌だと誤解していませんか?

ところでTゾーンは脂っぽいのに、頬は乾燥するから混合肌だと考えていませんか。それは、乾燥肌です。肌に水分が足りないため、余分に皮脂が出てしまっているのです。適切に水分を補えば脂っぽさがなくなり、普通肌になります。

素肌美をつくるのは、とてもシンプルなケアです。古い角質を取り除き顔筋マッサージをし、保湿と栄養を与えるだけです。もちろん、心身の健康も忘れないでください。どなたでも素肌美を得ることはできます。毎日の積み重ねが大切です。

まとめ

・心と身体の健康も素肌美には必要
・自分の肌と対話しましょう
・肌代謝を促しましょう
・顔筋マッサージを習慣に
・保湿をしっかり
・混合肌、実は乾燥肌です