アトピー性皮膚炎とは!その症状について

アトピー性皮膚炎

お客様の中にはアトピー性皮膚炎(以下、アトピーと略します)に悩む方が多くいらっしゃいます。完治は難しく、良くなったり悪くなったりを繰り返すので、自分なりの付き合い方を見つけると良いと思います。

アトピーについてこれから2回に分けて連載します。今回はアトピーとは何か、その症状などについてです。ちょっと固い内容ですが、知っておいた方が良いことをまとめました。

アトピー性皮膚炎とは、どんなことをいうのでしょう?「アトピー」という言葉は、ギリシア語で「奇妙な、不思議な」を意味するatoposに由来しています。

日本皮膚科学会の定義では、「よくなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主な病変とする病気。患者の多くはアトピー素因(アトピーになる人の特徴参照)を持つ」とされています。

アトピー性皮膚炎に見られる、「湿疹」とはどんなものでしょう?またその湿疹の特徴を紹介します。

湿疹とは、かゆみがある、皮膚が赤くなる、細かいブツブツができる、カサカサと皮がむける、皮膚が厚くなる、カサブタができるなどが皮膚に現れることです。顔では目の周り、口の周り、くちびる、耳たぶ、頬、額に、首の周り、手足の関節部、胴体などに左右対称に湿疹ができるのが特徴です。

アトピーになる人の特徴

アトピー素因とは、1.かつて気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれかにかかったことがあること、または家族にそれらの病気にかかった人がいること。または、 2.IgE抗体(アイジーイー抗体。アレルギーを起こすタンパク質の一種のこと)を作りやすい素因のことを言います。

今花粉症に悩んでいたり、家族に花粉症や喘息の方がいれば、アトピー素因を持っていることになります。アトピー素因はなくすことはできません。

アトピーはアレルギーに関係する病気ですが、アトピーの人の肌にはバリア機能の低下という特徴(アトピックドライスキンと言います)もあります。バリア機能が低いと、肌が何かに触れたり、擦れたりといったささいな刺激に敏感になります。スキンケアで保湿をしっかりすれば、バリア機能を正常に保つことができます。

アトピーの最大の問題は「かゆみ」です。ひどい時は、かゆみで充分に睡眠が取れなくなることがあります。特にホッとした時など、仕事や外出から家に帰った時にかゆくなることがあります。

また、かくことでストレスを発散している場合もあります。かいている間、とても気持ちがいいという人もいるくらいです。

かゆみを我慢することはなかなかできません。寝る時に無意識にかいてしまうこともあります。子供に比べて大人の方はストレス管理が難しく、かく癖を止めることが難しいようです。

アトピーのきっかけと対処法

アトピーのきっかけはストレスである場合が多く見受けられます。心の問題が皮膚に表れることはよくあり、引越しや就職などの生活の大きな変化でアトピーの症状が出る方がいます(ヘアカラーなどの化学薬品による刺激がきっかけになる方もいます、念のため)。

ストレスをすべて避けることは不可能ですが、必要以上のストレスを受けていないか生活や行動を見直してみることも大切です。

アトピーの対処法は、いたずらに症状を悪化させないため、信頼できる医師を探して、診察を受けましょう。自分の希望をきちんと伝え、医師との話し合いの元で納得する治療が受けられるようにしましょう。医師の処方に従わず、自己流にしてしまうともっと悪化させてしまうことがあります。

特にステロイド外用薬の使用については医師の指示に従うようにしてください(皮膚病以外の病気にアトピーと似た症状がでるものがあります)。

ステロイドの塗り薬については、賛否両論の意見があります。絶対に使いたくないと考える方もいるでしょう。

ただ、かゆみや炎症による痛みを我慢してつらい思いをしているのでしたら、一時的にステロイドを使っても良いと私は考えています。

ステロイドはとてもよく効く薬です。症状が落ち着くと、気持ちに余裕が持てるようになります。ステロイドについての恐怖感や疑問を医師に質問してみてください。良心的な先生ならきちんと答えてくれます。

まとめ

・アトピーは良くなったり悪くなったりを繰り返す病気
・顔や関節周りなどに湿疹ができる
・アレルギーに関わる病気
・乾燥による皮膚のバリア機能の低下が起こっている
・かゆみが最大の悩み
・ストレスも強い関係がある
・素人判断はキケン、医師の診断を仰ぐことも必要

※川島眞著「アトピー性皮膚炎がよくわかる本」を参考にさせていただきました。