アトピー性皮膚炎の日常生活での注意点

1に保湿、2に保湿!

前回に引き続き、アトピー性皮膚炎についてです。今回は少しでも楽になるように、日常生活で注意したいことをまとめました。

アトピーの方の皮膚は非常に乾燥していて、肌のバリア機能が壊れています。そのため様々なものが侵入しやすく、内側の水分も逃げ出しやすくなっています(アトピックドライスキンと言います)。気温や湿度の変化、汗やホコリ、あるいは何かに触れたり擦れたりといった外側からの刺激に非常に敏感になっています。

皮膚のバリア機能を高めるために、保湿を充分に行いましょう。お風呂上がりの湯気に包まれながら、気になる箇所に化粧水を重ねづけします。甘草(グリチルリチンリチン酸2Kと成分表示されています)が入ったものがオススメです。次に、スクワランオイルをつけて水分が出ていかないようにします。

冬など湿度が低い時はクリームや軟膏を使うと、よりしっかり保湿ができます。日中、肌の乾燥が気になったら、その都度保湿をしましょう。

エアコンの風に当たらない

職場や電車で、エアコンの風が直撃したりしませんか?乾燥の原因になるので、エアコンの風の当たらない所にいるようにしましょう。

爪を短く

症状が出ている時は、オシャレよりも健康重視で。爪は短く切って、掻いてしまった時のダメージが最小になるようにしましょう。

肌に触れるものを選ぶ

衣類はウールや麻はチクチクするので、コットンがオススメです。レーヨンやポリエステルなどの合成繊維で肌触りの良いものもありますが、縫い目がチクチクすることがありますので購入の際にチェックしましょう。

タグにかぶれる方もいますので、クリーニングに出すつもりがないなら外してしまってもいいかもしれません。タグの根元をハサミで切っても、残りの部分がチクチクしますから面倒でも縫い目をほどいて外しましょう。

マスクの素材にかぶれる方もいます。口の周りがかぶれたりしたら、他の品に変えてみるなどしてください。

日に焼けないようにする

皮膚にトラブルがあると、日焼け止めをつける気にならないかもしれません。でも日焼けは皮膚にダメージになるので、なるべく塗るようにしましょう。あまり高いSPFは肌の負担になるため、SPF21までの日焼け止め剤がオススメです。

睡眠をしっかり

皮膚の再生には、睡眠が欠かせません。夜10時にベッドに入るのがベスト、できれば12時前までに就寝するようにしましょう。アロマオイルを焚いたり、加湿器をかける、ナイトランプを使うなど自分の好きな環境を整えてみてはどうでしょう?

かゆみがひどくて眠れない場合は医師に相談しましょう。また、寝具はこまめに洗濯して清潔なものを使用しましょう。

お風呂の入り方

38度のお湯に長い時間入るのがオススメです。お湯に入っている間はかゆくなりません。リラックス効果もあります。辛い時は何時間入っても大丈夫です。お湯から上がったら、湯気に包まれながらの保湿を忘れずに。

肌日記を

肌の状態について記録を残しておくと、自分がどの季節にどんな症状が出やすいかなどが分かり、予測がつけやすくなります。自分の肌と上手に付き合えるようになるので、オススメです。

仕事を詰めすぎない

ストレスが大敵ですから、仕事は無理をしないようにしましょう。プライベートのスケジュールも詰めすぎず、余裕を持って。家でゆっくりする時間を多く取るようにしましょう。

食事

皮膚はタンパク質でできていますから、タンパク質を多めに摂るようにしましょう。またビタミンB、C、Eを多く含む食品や、サプリメントを摂るのも良いですね(ビタミンEは脂肪に蓄積されますので摂りすぎに注意してください)。オメガEPAも効果があると言われています。

刺激物はなるべく避けましょう。辛いものは皮膚の刺激になります。コーヒーを飲むとかゆくなるというお客様もいます。ご自分をよく観察して、何が自分に良くないか探すようにするといいでしょう。少なくとも症状がひどい時は、身体に合わない食品を避けるようにしたいですね。

ストレス発散、リラックス

運動すると気分が変わりますし、達成感も得られます。軽く汗をかくような運動がオススメです。散歩やジムで汗を流すなど、自分に合うスポーツを探してみましょう。運動したら、シャワーで汗を流すようにしてください。

また、かゆいと身体が緊張してしまうため、リラックスすることも必要です。アクティブレストという言葉をご存知ですか?じっとしているのではなく、身体を積極的に動かすことで、よりリラックスできるとも言われています。ヨガや瞑想、呼吸法、フラダンスなど、身体が緩んで良いと聞きます。

かゆくて掻きそうになったら数回深呼吸をしてみると気持ちが落ち着いて、掻かないで済むかもしれません。

まとめ

・保湿が何より大事です
・エアコンの風に当たらない
・爪は短く
・衣類はコットンがオススメ
・日焼けしないようにしましょう
・睡眠をしっかりとりましょう
・ぬるめのお湯にゆっくり入りましょう
・肌の状態を記録に残しましょう
・スケジュールは詰め過ぎないで
・タンパク質やビタミンB・C・Eを多めに摂る食事を心掛けて。辛いもの、自分の身体に合わないものは避けましょう。
・ストレス発散やリラックスのために運動はオススメです。