しっかりお掃除で、アレルギーのない暮らし!

意外と簡単!水洗い

ほこりやダニがきっかけで アレルギーを発症することがあります。清潔でリラックスできるご自宅の工夫をしましょう。

置物や、シャンデリアタイプの照明など、複雑な形のものは、いちいち雑巾で拭くより、外して洗ってしまった方が早くずっとキレイになります(電気の線がついているものは水洗いできません)。 洗い終わったら、風通しの良い場所に乾くまで放置しておきます。何度も細かく拭いたりするより、ずっと簡単です。

造花などは、洗面器にお湯を溜め、中性洗剤を少しだけ混ぜてほこりの気になるところをつけてグルグル動かします。シャワーで洗剤を落とし、振って水気を飛ばし、ベランダにしばらく放置して乾かします。

しかし、強い洗剤は肌荒れの原因になります。つけるだけで落ちるなどという洗剤は強力なアルカリ性で出来ています。強い洗剤は肌に触れたり、吸い込んだりするだけでかゆみが起きる場合がありますのでオススメしません。

床は水拭きしましょう

アレルギーのある人には、水拭きが出来るフローリングやクッションフロアーがオススメです。ドライタイプのほこり取りもありますが、水拭きに勝るものはありません。

また、じゅうたんはダニが増えやすいのでオススメできません。ラグのような外せるじゅうたんであれば、掃除ができます。裏側にダニがいるので、掃除機をかけましょう。

また、掃除機はしょっちゅう使うものですから、取り出しやすい場所に収納しましょう。ちょっと取り出すのが面倒なだけで、なかなか使わなくなってしまいます。コンセントも専用に確保しましょう。掃除を始めるエネルギーが最小になる工夫をしてみてください。

*プラグを外しやすくする小物が市販されています。掃除機や、ドライヤーなどつけたり外したりの多いものにつけてみてはいかが?

掃除機の掃除も忘れずに行いましょう。掃除機にもダニやほこりが溜りやすいです。フィルターの水洗いができる物がオススメです。紙製のフィルターは吸引力が落ちるので、こまめに交換しましょう。長い髪がからんで掃除機の吸引力を落とすこともあるので、気をつけましょう。

窓は結露に注意

朝起きたときに、窓を開けて風を通します。マンションのような高気密住宅では意識して空気の流れを良くしましょう。部屋の気の流れが良くなるとも言います。窓に結露するとカビの原因になります。気づいたら拭き取るようにしましょう。

カーテンにはほこりが沢山ついています。定期的に洗いましょう。洗濯機から出した後すぐにレールに吊り下げてしまえば、シワになりません。

* 炭酸水(砂糖の入っていないもの)には汚れを浮かす作用があるので、拭くだけで窓の汚れがキレイになり、手にも優しいのでオススメです。泡が抜けてしまったもので大丈夫です。

掃除は毎日少しずつやると、負担がありません。15分以内にできることだけをするなど、時間を決めてしまうのも1つの方法です。また、使った時についでにキレイにする方法もあります。洗面台や風呂場などは使ったついでに使ったタオルで水気を拭きとれば、カビが生えません。

ちょっとした工夫でいつも家をキレイにしておくことができます。

まとめ

・複雑な形状のものは細かく拭くより、分解して水洗いしてしまった方が簡単
・強い洗剤は肌荒れの原因に
・床は水拭きしましょう
・掃除がすぐできるように、掃除機の収納を考えましょう
・掃除機の掃除もしましょう
・窓の結露はカビの原因になるので拭きましょう
・カーテンは洗ってすぐにレールに吊り下げます
・掃除は毎日少しずつ