化粧品ができるまで

私は化粧品の製造・販売も行っています。普段皆さまがなかなか知ることのできない、化粧品を企画してから、製品になるまでをご紹介します。

とはいっても、大企業のように研究施設や豊富な研究資金が投入できるわけではありませんので、手作り感ある化粧品の製造工程です。

私どもでは身近なお客様の声から企画を始めます

大きな化粧品会社では市場動向やファッション動向などのニーズを捉え、ターゲットを絞り企画を作りますが、私どもでは身近なお客様の声から企画が始まります。

例えば、太陽光線アレルギーでゴルフ好きな男性より、べたつかなく白くならない日焼け止めが欲しいとの要望がありました。そこでサラッとして白くならないUVケア化粧品を開発しました。

また、小さなお子さんが某メーカーの保湿クリームを嫌がり、塗ろうとすると逃げてしまって困るとの声がありました。そこでベタつかない軽い感触の保湿クリームを作りました。お子さんも嫌がらないでつけてくれるようになったそうです。

どういう素材を組み合わせるか決めます-製品設計-

次に製品設計として中味の設計と、外装(容器)の設計が必要になります。まず、中味の配合成分について。配合成分を決める時には、原料メーカーが公表している情報から抗アレルギー効果、保湿効果が高い化粧品原料を選びます。シミが薄くなる、美白効果が高いなどの、新開発原料は安全性履歴が少ないので敬遠しています。

四季の変化のある日本で、肌変化に対応できるよう、また敏感肌でも安心して使うことのできるように原料を選んでいます。

私は中味重視で、外装設計にはあまりエネルギーをかけません。

効果と価格の関係で悩みます

薬事法により化粧品の効果の表現が制限されています(化粧品として販売する場合、効果効能としてうたってよい項目が限られています。)。

一方、医薬部外品の申請を取ると表現できる範囲が広くなりますが、申請諸費用に多大な費用がかかります。さらに厚労省有効成分(厚生労働省により安全性と特定の有効性が認められた成分)を一つ配合すると販売価格が高くなってしまいます。私は、医薬部外品以外の原料でしっかりとした安全性履歴のあるものを使いたいと考えています。

このようにお客様の手に取って頂くのが難しくなるため、今のところ私は医薬部外品を発売する予定はありません。

*医薬部外品とは薬事法に定められた、化粧品と医薬品との中間的な分類のもののことです。予防効果や、医薬品よりは緩やかですが人体に何らかの改善効果をうたっています。

作り手としてのこだわり

自然派として、余分なものは配合しません。例えば、プラセンタを多く配合すると、あまり良い香りがしないので、人気のある香料を入れたりします。また濃度を上げるため原料を多くすると、防腐が強い物の配合量を比例して増やさなければならなくなります。

私のこだわりは、防腐剤をなるべく入れないことです。最小限の防腐に抑え消費期限の短い製品を造ります。そのため開封後は、冷蔵庫で保管していただきます。そして大量生産を行いません。

よく成分などで、他社製品の質問を受けます。表示成分を見ても配合順の詳細しか解らないので、濃度などは価格帯から想像するしかありません。敏感肌の方が化粧品メーカーを選ぶ時は、企業コンセプトや消費期限が参考になるとお伝えしております。

ホームページで企業コンセプトを閲覧したり、消費期限(化粧品の消費期限には大変長いものがあります。一度調べてみることをオススメします。)を確認してみてはいかがでしょうか。

まとめ

•    「困った」という声から化粧品づくりを始めます
•    素材は定評のあるものを選び、新しい原料は使いません
•    中味を重視した製品を作ります
•    余分なもの、特に防腐剤は最低限に抑えます
・   敏感肌の方は成分と消費期限を選び方の参考にしましょう

素肌美と食事~スパイス編~

カレーにつかわれる主なスパイスは5つ

いよいよ本格的な夏がやってきましたね。夏といえば、カレー。実は、カレーの辛味につかわれるレッドペッパーには身体を冷やす作用があります。スパイスには薬効があるので、インドのお母さんは家族の調子をみて、スパイスの調合を変えるといいます。

知っておくとカレーがおいしくなる知識と、スパイスを使った飲み物のレシピをご紹介します。

カレーのスパイスの種類は沢山ありますが、クミン、コリアンダー、ターメリック、レッドペッパー、ガラムマサラの5つが基本のスパイスです。

消化吸収を促進するスパイス、クミン

インド料理の基本となるスパイスで、独特の強い香りと甘い風味が特徴。消化吸収を促進し、胃の働きを助け、解毒作用や駆風作用があります。

※駆風作用とは…腸内に溜まったガスを出す作用のこと

【胃が重い時にオススメ!クミンティー】

クミンシード小さじ1を鍋で黒くなるまで乾煎りする。コップ一杯の水を注ぎ、沸騰させる。クミンティーの出来上がり。胃腸の調子が悪い時に効きます。

【暑くてぐったりの時にオススメ、スパイスレモンスカッシュ】

塩ひとつまみ(出来ればミネラル豊富な自然塩を)、レモン汁(好きなだけ)、クミンパウダー(小さじ2/3くらい)を市販のサイダーに混ぜるだけ。暑さで疲れた身体がしゃっきりします。不思議に後をひくおいしさです。

消化を促進、カレーに欠かせないコリアンダー

中華料理の香菜、タイ料理ではパクチーと呼ばれるものです。スパイスとしてはタネを使います。緑の葉を刻んで、料理のトッピングに使うこともあります。消化を促進し、駆風作用をもつスパイスです。葉には解毒作用があるといわれます。カレーのとろみを作る大事なスパイスです。

【身体が火照っていたらコリアンダー水がオススメ】

コリアンダーシード小さじ1を水が入っているコップに入れ、一晩置きます。薄い茶色になったらコリアンダー水の出来上がり。タネを濾して飲みましょう。ちょっとクセのある味ですが、飲むと身体の余分な熱が取れます。

殺菌作用のあるターメリック(ウコン)

カレーの黄色い色の元となるスパイス。殺菌作用が強く、血を浄化し、また止血効果をもち、肝機能を高め、強壮作用もあります。さらに、腸内細菌の働きを整えてガスを抑えます。また全体の味を調和させる力があります。ただし一度にたくさん使うと、料理が苦くなってしまいます。

食欲を増進させるレッドペッパー(赤唐辛子)

料理に辛さを出し、食欲を増進させ味を引き締めます。少量では身体を温めますが、一定量以上ですと発汗作用が強まり気化熱により身体が冷えますので、辛いカレーを食べた後は身体の冷えに注意。料理をしていて味がぼやけてイマイチの時に、隠し味として使うのもオススメです。

香りをつけるためのガラムマサラ

複数のスパイスを合わせたミックススパイスのこと。ガラムは熱い、マサラはブレンドスパイスの意味で、身体を温める作用と、適度な辛味をもつのが特徴です。

調理をする過程で失われるスパイスの香りをプラスするために最後の仕上げに使われます。塩味の炒め物の仕上げにガラムマサラをかければ、カレー風味になります。

カレーのスパイスにはそれぞれ役割があり、胃腸の働きが悪いとニキビや肌荒れを感じやすくなります。美肌作りオススメの一つとして、カレーのスパイスを食生活に取り入れてみましょう。

*「はじめてのインド家庭料理」香取薫著 講談社、「アーユルヴェーダ食事法」香取薫・佐藤真紀子著 怪(こみち)書房 を参考にしました。

まとめ

•カレーのスパイスは5種類
•クミンとコリアンダーは消化機能を改善させる
•ターメリックには殺菌作用や肝機能を高める作用がある
•レッドペッパーには食欲増進、発汗作用がある
•ガラムマサラは香りづけのミックススパイス
•胃腸の働きを促進させて美肌作りに役立てましょう

素肌美人になる栄養~ビタミンA

素肌美を作るには、毎日の良い食事でからだの内側から健康になることが大切です。どんなに高い化粧品を肌の表面に塗っても、土台がしっかりしていなければ効果がでません。
今回ご紹介するビタミンAは、肌のターンオーバーを促し、メラニンを排出する美肌にとって重要なビタミンです。

日焼けをしたら赤ピーマンのサラダを食べましょう

前回も赤ピーマンをオススメしましたが、その理由の一つは緑のピーマンに比べて栄養価がずっと高いためです(ビタミンCは約2倍、ビタミンEは約5.8倍、カロチノイドは約2倍) 。食べる美白液と言ってもよいでしょう。

お話ししたとおり、ビタミンCは熱に弱く、水に溶け出しやすいので、食べる時には生のまま細く切ってサラダに入れる、スムージーに入れるなどして食べるのがオススメです。

ビタミンAも美白に欠かせません

ビタミンAは肌のターンオーバーを促す働きがあり、シミを排出する効果もあります。
皮膚や粘膜などの上皮組織を健康に保つので、ビタミンAが不足すると新しい肌が作られなくなり、カサカサになります。油に溶ける(油溶性・脂溶性)ので、体内に蓄えておけますが、逆に取り過ぎてしまう危険もあります。(特に妊婦の方は注意。)

レチノールはビタミンAの誘導体

化粧品成分などでレチノールという言葉を聞いたことがあると思います。レチノールはビタミンAの誘導体(肌に浸透しやすくしたもの)です。肌を健康に保ち、保湿機能を高める目的で配合されています。

また、真皮ではコラーゲの合成代謝を促進することも研究で突き止められ、シワやタルミの予防目的や、代謝を促がす効果があるのでシミを薄くするためにも使われます。

鶏のレバーは苦手ですか?

鶏レバーにはダントツに多くのビタミンA(100g当たり14000ugRE)が含まれています。うなぎも多いのですが、それでも1500ugREです。野菜ではモロヘイヤ(840ugRE)、ニンジン(680ugRE)です。レバーが苦手という方もいらっしゃいますが、香味野菜をたくさん入れたり、ワイン煮にするとおいしく食べられます。好きな調理の仕方をみつけてよく食べるようにしたいですね。

レバーの香味野菜炒め

とても簡単なレバー料理を紹介します。材料の量はお好みです。苦手な方はレバーを少なめにして、なるべく細かく切るといいでしょう。

(作り方)

鶏レバーを細かく切り水で洗って臭みをとる。生姜とピーマンをみじん切りにする。フライパンを温め油を熱し、生姜を入れて炒め、香りが出てきたら鶏レバー、ピーマンを入れる。火が通ったら、みりんと醤油を同量入れて味付けする。

まとめ

•赤ピーマンは食べる美白液
•ビタミンAはターンオーバーを促し、シミを排出する
•誘導体のレチノールは化粧品成分
•鶏のレバーはビタミンAが豊富

素肌美人は食事も上手!素肌美を意識した食事や栄養

一回の食事では効果が出ません。毎日の食事が大切です

素肌美を作るためには、毎日の食事で栄養を摂ることが大切です。一回良い食事をしても、すぐに肌に栄養がいくわけではありません。

栄養が体に入ると、まず生きるために重要な心臓や脳などの臓器にいきます。それから肌にいくので、いつもの食事でしっかりと栄養をとっていきましょう。

実は、グリーンサラダはビタミン豊富ではありません

ビタミン豊富な食事というと、サラダを思いつく方も多いかもしれませんが、レタスやキュウリにはビタミンがそれほどたくさん含まれていません。(下記にビタミンCの含有量の記載があります)

また、生野菜は体を冷やしてしまいますので、サラダばかり食べるのはオススメしません。炒め物など、加熱した野菜もとるようにしましょう。

コラーゲンを作るのに、ビタミンCは欠かせません

素肌美に欠かせない栄養のトップバッターがビタミンCです。ビタミンCは、コラーゲンを体内で合成するために欠かせません(水分を除いた真皮の約70%はコラーゲンです)。しかも、人間の体で作ることができません。

昔、船乗りたちの間で恐れられた壊血病という病気がありました。2、3週間以上の航海に出ると、歯が抜け、身体の至る所にアザが出来るなどして、多勢の死者が出ました。当時は船で新鮮な野菜や果物を保存できなかったため、ビタミンCが不足しコラーゲンが作られなくなったため起こったものでした。

ビタミンCはメラニンの沈着を抑えたり、出来たメラニン色素を還元してシミを薄くするため、美白ビタミンともいわれます。シミや目の下のクマを薄くするため、そして、紫外線の多い季節には積極的にとりたいものです。

ビタミンCは熱に弱い

体内に蓄えておけないため、毎日摂る必要があります。酸には強いのですが、熱には弱いので、加熱すると減ってしまいます。水に溶けるので、煮汁に溶け出します。サラダはあまりオススメできないと申し上げましたが、ビタミンCをとるには生のまま食べることが一番適しています。葉物野菜+果物をミキサーにかけたグリーンスムージーやフレッシュなフルーツを食べるのがオススメです。

赤パプリカはビタミンC豊富

ビタミンCの多い野菜には赤パプリカ、黄パプリカ、ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤなどがあります。赤パプリカ(100g中)には170mg含まれているのに対し、レタスには5mg、キュウリには14mgしか含まれていません。果物は、オレンジ、レモン、グアバ、柿などに豊富に含まれます。

まとめ

・毎日の食事を栄養素豊かに
・野菜サラダばかり食べない
・ビタミンCはコラーゲンを作るために欠かせない栄養素
・赤ピーマンにビタミンCが多く含まれる